【豚ステーキ十一(行橋店)】行橋市で豚ステーキが楽しめるお店!

シンプルなぶたのマーク

行橋市の中心街から少し離れた、京都高校から豊津方面に向かうと踏切を渡り少し行くと左手に見えて来る白い建物のが豚ステーキで有名な『十一』です。

福岡県内にも数店舗ある有名店で、不思議な事に小倉を通り越しなぜか行橋に出来ました。

十一行橋店

外観は白い壁に小さめなぶたのマークが印象的です。




十一行橋店店内

店内です。

カウンターにテーブル・座敷があり、店内は明るく綺麗です。

十一行橋店お酒の陳列

お酒も飾っていましたので、夜はお酒も飲めるようです。

 ランチ は2種類!

十一行橋店ランチメニュー

ランチメニューです。

『十一』のランチは豚ステーキ定食と豚ハンバーグ定食の二種類だけです。
どちらも1,000円です。
あまり聞かないシステムですが、プラス500円で替え肉や替えハンバーグが出来ます。
これはちょっとうれしいシステムです。

ご飯は”梅じゃこご飯”か”明太子ご飯”の2種類から選べ、おかわりは自由です。

十一行橋店のディナーメニュー

ディナーメニューです。

一品料理などが増え、メニューが定食ではなく鉄板に変わります。
豚ステーキや豚ハンバーグが500円はお値打ちです。
プラス500円でディナーも定食にすることが出来ます。

焼き餃子700円も気になります。
プラス200円で雑炊かチャンポンに出来るってちょっと想像がつかないです。

十一行橋店の水素水説明

『十一』では水にもこだわり水素水を使っています。

少し飲んだだけでは効果は分かりませんが、女性が喜びそうなサービスです。

十一行橋店の薬味

卓上の調味料です。

3種類の小鉢があります。

十一行橋店の薬味の中身

中身はこんな感じです。

”黒柚子胡椒”と”赤辛みそ”と”わさびおろし”になります。

豚ステーキにつけて食べます。



意外とヘルシー? 十一 の 豚ステーキ!

十一行橋店の豚ステーキ定食

豚ステーキ定食です。

豚ステーキとサラダと味噌汁にポテトサラダにこちらは梅じゃこご飯を選びました。

十一行橋店の豚ステーキ

豚ステーキです。

わさびおろしなどを付けて食べましたが豚ステーキなのでそこまで歯切れは良くないですが、やわらかくて食べやすいです。

また、わさびおろしが豚ステーキの油っぽさを和らげてくれますので、パクパクと食べることができます。

十一行橋店の梅じゃこご飯

梅じゃこご飯です。

少し酸味のある梅じゃこが油っぽい豚ステーキとは相性がバッチリです。

ご飯はおかわりが自由です。
おかわりの際、明太子ご飯に変更することもできます。

十一行橋店の赤みそ汁

お味噌汁です。

このあたりでは珍しく赤みそを使っています。

こちらもおかわりが自由です。

十一行橋店の豚ハンバーグ定食

豚ハンバーグ定食です。

内容はステーキとハンバーグが変わっただけです。

十一行橋店の豚ハンバーグ

豚ハンバーグです。

まんまるな形で極端に大きくはないですが、厚みがあってボリュームはあります。

十一行橋店の豚ハンバーグ断面

断面です。
箸で割ったので汚いですが、ご了承ください。

肉汁がドバーッと出るのを期待したのですが、ぜんぜんそんな感じではなかったです(笑)

どちらかというと豆腐ハンバーグみたいな感じです。

十一行橋店の豚ハンバーグタレ

タレをかけて食べます。

パサパサではないですが、ジューシーという訳でもないです。
やわらかく食べやすいハンバーグです。

最後に

お店の批判ではないですが、お伺いしたのが、お昼の営業時間ギリギリでしたので仕方ないのかも知れませんが、店員さんの対応がイマイチで早く帰れオーラがすごくて食べにくかったです(笑)

普段はそんなことないと思いますので、来店される時は時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

豚ステーキ 十一 行橋店 店舗詳細

The following two tabs change content below.
もりょさん

もりょさん

結婚相談業を営みながら、今まで1000件以上の飲食店を食べ歩く。 味覚音痴な為、細かい味の違いは分からないが、行ってみないと分からないお店の雰囲気やお店の情報などを紹介しています。 他にも日頃いろいろと感じた事や気になった事についても書いています。 SNSを使った情報発信やお店の紹介などの依頼も積極的に受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
スポンサーリンク
このサイトについて




このサイトについて




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする