【年齢の分かれ目】本当に?35才が結婚の分かれ目の理由

35才が結婚における人生の分かれ目

婚活の際によく女性ならアラフォーとかアラサーとか聞くと思いますが、そんな中、結婚に関して言えば35才と言う年齢がとても大切な年齢になります。

女性の場合、『出産できるか、できないか』に関してのラインが35才ぐらいで引かれます。

35才以上でも出産できるのですが、高齢になってくると、いろいろとリスクが増えてくると言われています。

実際、結婚相談所でも、子供が欲しいと思っている男性の多くは35才以下の女性を選びます。

逆に男性の場合は、年齢を特に気にしないと思いますが、実は男性も35才を気にした方が良いと私は思っています。

今回はそんな35才について、どうして年齢を気にした方が良いのか、理由を説明したいと思います。

35才は結婚適齢期?

35才と言うと女性の場合、昔は結婚していないと負け組と言われるくらいの年齢でした。

最近では結婚をする年齢もどんどんと遅くなり、35才くらいで結婚した場合、普通より少し遅く結婚したくらいの感覚で、特別婚期が遅れたとは思わないと思います。

30年ぐらい前だと、35才で結婚していないなんて、負け組の代表みたいな感覚でしたので、時代の流れで感覚はどんどん変化していきます。

もう数年もすれば40代の初婚っていうのも当たり前になって行くかも知れません。

結婚相談所を経営している私が言うのも変ですが、個人的にはもう数十年もしないうちに結婚って考え方自体が古いようになると思っています。

まぁ、そうはいっても、今はまだ結婚するのは普通ですし、人や時代によって結婚に対する感覚は変わります。

ただ、だからといって結婚適齢期は人や時代が変わっても変わりません。

一般的に言う結婚適齢期は26才~34才ぐらいです。

35才だと、すでに結婚適齢期を過ぎています。

35才を越すと

35才を越すと、自分はもちろん不安になりますが、周りからの声が気になり始めます。

親を始め、仕事場でも、友達にもいろいろと言われます。

親もいつまでも若くないのはわかりますし、早く安心させてあげたいとは思いますが、自分の事を他人に言われると、ありがたい様なウザい様な感じで答えにくいですよね。

それ以外にも人格も疑われます





これって意外と自分は大丈夫だと思っているかも知れませんが、他人から見るとあなたは『なにかあるんじゃないか?』と思われています。

例えば、年収が高くて、身長が高くて、イケメンの人が40過ぎても結婚していないと、

『なにか性格に問題があるんじゃないか?』

『変な趣味があるんじゃないか?』

とあなたは思いませんか?

女性の場合、綺麗で、性格も良さそうで、スタイルも良い女性が40近くまで結婚していなかったら

『きっとなにか問題があるはず』

『実はめちゃくちゃワガママなんじゃないか?』

とかあなたは思いませんか?

いっしょです。

知らない人はもちろんですが、知っている人でさえも疑い始めます。

では35才はどうすればいいのか

35才が人生の分岐点だと言うことは分かったと思います。

では35才以上のあなたがどうすればいいのかを考えて行きたいと思います。

婚活をする

結婚をしたいと思った場合、なにか行動を起こさないと結婚は出来ません。

手っ取り早く婚活する方法は、結婚相談所に入る事です。

お金はかかりますが、一番早い方法だと思います。

婚活パーティーに出席する

それ以外にも婚活パーティーに行ったりするのもいいです。

とりあえず出会いを求めて行動しないといけません。

婚活パーティーは、各地でいろいろと開催されていますので、参加してみるのも良いと思います。

婚活アプリを使う

最近は婚活アプリでの出会いも当たり前です。

アプリなら”仕事帰りに婚活!”みたいな軽い感覚で婚活が出来ます。

出会いの機会が多ければ、それだけチャンスも増えます。

最近はこう言った35才以上を対象にした婚活アプリもあります。


ただ気を付けて欲しいのは、アプリの場合、相手も軽い感じで出会いを求めていますので、相手の本気度は分かりません。

それとアプリの場合、本人確認も適当ですし、本人確認さえもないアプリもありますので、詐欺や事件もあります。

本気で使うのはチョットおすすめしません。

自分に投資する

婚活は一端置いといて、自分に投資するのも悪くないと思います。

資格を取る為に学校に行くとか、スポーツを始めてみるとか、なにか新しい事を始めれば新しい出会いがあります。

本気で婚活をするよりは、出会える確率は低いのかも知れませんが、新しい出会いさえあればチャンスはありますので、『自分を磨きながら新しい出会いを探しす』っていうのも悪くないと思います。

それと男性の場合は料理を始めてみるのも良いと思います。

もう料理をされている方ももう一度、本格的に習ってみるのもいいでしょう。

今の時代、家事の分担は当たり前です。

料理や家事を手伝うのも当たり前・・・

いや、料理や家事を手伝うと言う感覚自体が古い考えで、あなたがするのが当たり前です。

今の時代、料理が出来ない男性なんてモテませんので、料理教室などに通ってみるのもオススメです。

いかがだったでしょうか。

今回は35才が結婚の分かれ目について書いてみました。

本当は35才だからと言って焦る必要はないのかも知れませんが、結婚したいのであればそれなりの行動をしないと結婚は出来ないと思います。

結婚なんていつか出来ると思っているうちは出来ませんので、シッカリとした行動をとりましょう。

The following two tabs change content below.
もりょさん

もりょさん

結婚相談業を営みながら、今まで1000件以上の飲食店を食べ歩く。 味覚音痴な為、細かい味の違いは分からないが、行ってみないと分からないお店の雰囲気やお店の情報などを紹介しています。 他にも日頃いろいろと感じた事や気になった事についても書いています。 SNSを使った情報発信やお店の紹介などの依頼も積極的に受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。