【お見合いの心得(女性編)】聞けば納得!男性の心理

お見合い前日の悩み

結婚相談所に入会して、いざお見合いってなった時に、緊張する女性の方も多いと思います。

特に初めてのお見合いともなると、

何を着たらいいんだろう?とか

何を話したらいいんだろう?とか

いろいろと考えるはずです。

ましてや生涯の伴侶になるかも知れない人と会うわけですから失敗もしたくないですよね。

今回はそういった悩みにお答えしたいと思います。

あなたに興味を持っています

お見合いでも何でもそうですが、出会いは初対面が肝心です。

女性になれていない男性は特に女性の外見で惚れてしまいます。

いわゆる一目惚れです。

これは研究データでも出ているらしいのですが、女性は積み重ねで相手を好きになっていき、男性は一目惚れで好きになるみたいです。

確かに、私も女性を好きになる時は一目惚れがほとんどです。

逆に言えば、プロフィール写真を見てあなたに申し込みをしてきたり、あなたからの申し込みを受諾した時点で男性は6割~7割がた、あなたに一目惚れしています。

ですので、上手くいかない原因は、

プロフィール写真と本物との写真にギャップがあったり、

態度が悪かったり、

相手仲人さんがあなたを進めてきて仕方なく受諾した場合ぐらいで、

たま~にその他の理由もありますが、

基本的にはあなたがお断りしない限り成功すると思ってください。

とは言っても注意する点はいくつかありますから説明していきましょう。

初対面が肝心です

先ほども書きましたが、ほぼ惚れた状態でスタートしていますが、初対面が肝心でここでミスをすると取り返しがつかなくなることもあります。

服装はプロフィール写真と似たような服装が望ましいと思います。

プロフィール写真が着物の場合は着物でも構いませんが、気合が入っていると思われると相手が緊張してしまいますので、洋服の方が相手もリラックスできると思います。

服装で悩んだ場合は、以前ブログでも書きましたが、お見合いや初デートでのファッションで悩まない!こういったサービスを利用してみるのも良いかと思います。

それとこれは女性ならではの事なんですが、プロフィール写真と本人との顔が違うということです。

よくあるのですが、プロフィール写真をプロのカメラマンにお願いして撮って頂き、いつも以上に素敵な写真になってしまい、奇跡の一枚と言いますか、本人とは別人になってしまうことです。

奇跡の一枚の写真を見て申し込みをし、本人を見てえっ!ってなってしまうと相手のテンションがガタ落ちする場合があります。

ただこれについては良い面と悪い面がありますので一概に辞めた方がいいとは思いません。

実際、プロフィール写真が奇跡の一枚で申し込みがあり、結婚まで行ったカップルも沢山いますし、そもそもプロフィール写真に魅力がないと申し込み自体がありません。

プロのカメラマンについては両方の面がある事をご理解の上検討してみてください。



出会いは明るく爽やかに

お見合い当日、待ち合わせの時の注意点は

・遅刻しない

・目立つ場所に立つ

・爽やかな笑顔と挨拶

の3点です。

それでは説明していきますね。

最初の遅刻しないですが、お見合いは政令指定都市の駅の近くのホテルのラウンジや喫茶店などにで行われます。

政令指定都市の駅の近くですのでお見合いに来る際は公共の交通機関をお使いください。

たまに遅刻される方がいるのですがその大半が車で移動していたというデータがあります。

最低でも5~10分前には待ち合わせ場所に着いておけるようにしておいてください。

2点目は目立つ場所に立つです。

これも当たり前ですが、隠れていたら相手はあなたに気付きません。

お見合いは、女性側の仲人さんやカウンセラーさんが同席する事が多いので大丈夫だと思いますが、そうでない場合、不安かも知れませんが目立つ場所に立っておきましょう。

そして最後は爽やかな笑顔と挨拶です。

これが出来れば完璧です。

あなたはもちろんですが相手も緊張しています。

そんな状態でお互いが暗い雰囲気で挨拶したら、スタートでいきなりつまづいてしまいます。

相手がもしも暗い雰囲気で挨拶してきても、こちらは爽やかな笑顔で挨拶し、緊張しているのかな?ぐらいの大きな心で受け止めてあげましょう。

一歩引くのが大人の優しさ

挨拶も終わり、お店に移動するときやお店に入ってからも、男性にエスコートしてもらいましょう。

もしかするとエスコートが苦手な方もいらっしゃいますが、そうした場合は、上手くエスコートが出来るように仕向けてください。

例えば、

挨拶も終わり、お店に移動する際は、お相手が

『どこどこに行きましょう』

とか言いエスコートすると思いますが、言わない場合、

『どちらでお話しますか?』

みたいな感じで軽く聞いてみたり、注文をする際も、本当は男性が

『お飲み物は何になさいますか?』

と聞いてくれればいいのですが、聞かない場合はこちらから

『お飲み物は何になさいますか?わたしはコーヒーでお願いします。』

みたいな感じでお願いします。

紳士的な男性もたまにはいますが、日本人男性はもともと紳士ではなく武士です。

なかなか気が利かない男性の人が多いです。

一方女性はそういった所に気が利きますので、そこで、くだらない男!と思うのではなく、かわいいなぐらいでみてください。

きっと悪気はないはずです。

ただ気を付けないといけないのが、気は利かないのに武士ですから、プライドは高いです。

あからさまに女性がリードしてしますと、プライドが傷つきます。

相手の意見も聞きながら、そこは上手にリードしてくださいね。

そういった事に疎いからといって悪い人かとぜんぜん違います。

本当に優しい男性もいますし、素敵な男性もいます。

見切りを付けるのはもう少し相手を知ってからでも遅くありません。

それまでは、相手の本質を知る為に、シッカリと冷静にお話を楽しみましょう。

判断基準が違います

お見合いも終わり相手への感謝を伝えてお別れしたら、結果を遅くても次の日の夕方までには報告しないといけません。

男性の場合は、惚れた状態からスタートしていますから、少しでも

『んっ!なにか違うな』

と思うと止めた方がいいですが、女性の場合は最初が惚れた状態ではないですし、積み重ねで好きになっていきますので、

『性格がまったく無理』

とか

『生理的に無理』

以外はよく考えた方がいいと思っています。

実際の話、女性の場合は男性の顔よりも年収で選ぶ場合も多いので、年収が低くても問題がある男性も多いので、年収が高い男性の場合、少しくらい気になる部分があっても許してあげる事も大切です。

また、お見合い=結婚ではありませんので、お見合いしてから・付き合ってみてから判断してみてみるのもいかがでしょうか?

もっと詳しくアドバイスが聞きたい

もちろん状況によってアドバイスは変わります。

そういった状況ごとのアドバイスが欲しいと言われる、福岡・北九州・行橋・中津にお住いのあなた!

私といっしょに頑張ってみませんか?

ひとりで考えるよりずっと楽ですよ!

詳しくこちらから

The following two tabs change content below.
もりょさん

もりょさん

結婚相談業を営みながら、今まで1000件以上の飲食店を食べ歩く。 味覚音痴な為、細かい味の違いは分からないが、行ってみないと分からないお店の雰囲気やお店の情報などを紹介しています。 他にも日頃いろいろと感じた事や気になった事についても書いています。 SNSを使った情報発信やお店の紹介などの依頼も積極的に受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
スポンサーリンク
このサイトについて




このサイトについて




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする