なぜ結婚相談所を営んでいるのか?結婚に対する思い

結婚とはなにか?

結婚相談所を営んでいますので日々結婚の相談を受けていますが、結婚相談所を始めたばかりとは少しですが結婚に対する考え方と言うか、なぜ結婚しないといけないのかという疑問についての考え方が少し変わってきました。

昔は【結婚は幸せ?】いまから結婚を考える時に知っておくべき事!で書いた様にメリットとデメリットを考えての結婚みたいな、明確な答えと言うよりも

結婚=したい人が好んでするもの

みたいな考え方でした。

実際、離婚している夫婦もたくさん知っていますし、決して結婚と幸せがイコールではないのは分かっていましたから、どちらかと言うと結婚したい人の背中を押すような感じの方が良いような気がしていました。

そしてこの考え方の方が入会してくれた人にとっても、いいような気がしていました。

『お世話をして欲しい人をお世話する』と言うスタイルで、本当に会員さんの事を思って活動していました。

結婚できた会員さんには感謝されますし、私も本当にうれしいのですが、なんだかしっくりと来ませんでした。

本当にそれでいいの?

私がしっくりこない理由は、活動するにあたって私自身に結婚に対する思いがなかったからだと思いました。

結婚したくない人に結婚をさせるほど傲慢ではないですが、結婚に躊躇している人に対してももっと結婚のすばらしさを伝える活動を増やすべきではないかと考えています。

結婚相談所に来ている時点で、結婚に興味があり勇気を出して入会していると思います。

でも入会していない人にも積極的に結婚の良さを伝えるのが使命なような感じがしています。

どうしても結婚相談所の人が結婚の素晴らしさについて語っても営業トークにしか聞こえません。

ただ逆に結婚相談所の人以外が結婚の良さを伝える活動って出来ない様な気がします。

もちろん結婚の良さを伝えるだけではなく、結婚相談所として結婚させる為に一生懸命に活動はしますが、『最終目的が結婚』ではなくて『幸せになる為に結婚する』って感じの方が私としてはしっくりきます。

なんだか分かりにくい説明ですが

『結婚の為の婚活』

ではなく

『幸せになる為の結婚』

って言うのが、最も普通でシンプルな考え方だと私は思いますので、そういった活動をしていきたいと思います。

幸せになる為の結婚って

では『幸せになる為の結婚ってなんなの?』ってなると思います。

みんな幸せになる為に結婚したいと思っていますから、男性は綺麗な女性を求めますし、女性は年収のいい男性を求めます。

ぜんぜん悪い事ではありませんし、人によってはもしかするとそれが一番の幸せな結婚なのかも知れません。

でもそれって本当に幸せなんですか?

『幸せ=お金』の時点で少し違う気がします。

よく結婚相談所では女性は入会の際に年収だけは妥協しないと言われます。

もし年収を妥協するぐらいなら入会しないそうです。

それくらい女性は年収にはこだわりがあると言われています。

もちろん女性にとっては一番大事な部分ですから当たり前ですが、その部分の見方を変えてみるともっと違った相手を見つけることが出来るかも知れません。

男性もそうです。

男性は女性の年齢や容姿を一番に見ますが、容姿は歳を取ればみんな変わります。

そんな将来どうなるか分からない部分で相手を決めるのはどうかと思います。

男性も女性も最後はやっぱり性格やフィーリングです。

これって会ってみないと分からない部分ですよね。

それなのに顔が好みじゃないから会わないとか言っていては絶対に幸せな結婚なんてありえません。

一番を見つける必要はないのです。

あなたに合う人をみつける事が大切なのです。

クズみたいな男ばかりと付き合って、男を見る目がないと言う人がいますが、それは見る目がないのではなくて、あなたとフィーリングが合う人がたまたまそういった人だっただけです。

ただ、そういった人ばかりにたまたま出会っているだけで他にもフィーリングが合う人はたくさんいます。

出会っていないだけなんです。

幸せな結婚をする為にはたくさんの出会いが必須だと思います。

決して条件を下げるとかではなく、自分の色眼鏡を外してもう一度、一から婚活をしてみてください。

きっと新しい発見と出会いがあると思います。

The following two tabs change content below.
もりょさん

もりょさん

結婚相談業を営みながら、今まで1000件以上の飲食店を食べ歩く。 味覚音痴な為、細かい味の違いは分からないが、行ってみないと分からないお店の雰囲気やお店の情報などを紹介しています。 他にも日頃いろいろと感じた事や気になった事についても書いています。 SNSを使った情報発信やお店の紹介などの依頼も積極的に受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
スポンサーリンク
このサイトについて




このサイトについて




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする