やっぱり厳しい?シングルマザー・ファザーの再婚事情!

シングルマザーやファザーの再婚事情

最近は3組に1組は離婚する時代です。

ですから日々シングルマザーやシングルファザーが多く誕生しています。

そんな時代ですから4組に1組は再婚だと言われています。

今の時代、離婚も珍しくありませんし、再婚も珍しい事ではありません。

だからと言って子供がいた場合は1人で決める訳にも行きませんし、離婚にせよ再婚にせよ何かと問題が出てきます。

今回はそんなシングルマザーやシングルファザーの再婚について考えたいと思います。

あえてシングルマザーやファザーを選ぶ人はいない

結婚相談所では特に、初婚で最初から、あえてシングルマザーやシングルファザーを選ぶ人はいません。

もしかすると、結婚相談所とかではなく、知り合いがいて、その人と仲良くなって再婚ってパターンはあるかも知れませんが、結婚相談所では最初からシングルマザーやシングルファザーを選ぶ人はいません。

結婚相談所でシングルマザーやシングルファザーを選ぶ人は、自分もシングルマザーやシングルファザーの場合や再婚の人がほとんどです。

同じ境遇なら話も分かりますし、親しみも持てますのでシングルマザーやシングルファザー同士で再婚するパターンも多いようです。

たまに、私の知り合いでもいるのですが、自分の年齢もいっているから、小さい子供がいる女性でもいいと言う男性もいます。

他にも、知り合いの女性で、もう赤ちゃん産める年齢じゃないからシングルファーザーでもいいと言う女性もいます。

ですから、需要がまったくない訳ではありませんが、結婚相談所ではそういった初婚の方を見つけるのは難しいと思います。



シングルマザーやファザーは結婚してからも不安

運よく結婚できても、今度は子供と再婚相手が上手くいくとは限りません。

悲しい事件でが、連れ子の虐待や、それが原因での殺人事件などもよくニュースなどで聞きます。

どうしても他人の子供ですから、我が子のように可愛がらない親もいます。

また、再婚相手との間に新たに子供が出来た際、今まで可愛がっていたのに自分の子供しか可愛がらなくなる親もいます。

今までよく言うことを聞く子供だったのに、再婚相手の事を嫌い、反抗する子供もいます。

そういった自分と相手とだけではない部分もシングルマザーやシングルファザーの再婚にはたくさんあります。

シングルマザーやファザーの再婚の現状

いろいろと問題がありそうなシングルマザーやシングルファザーの再婚ですが、以下の事がよく言われています。

再婚自体は女性より男性の方がしやすい。

離婚を経験すると女性は再婚に慎重になる。

逆に男性は一度離婚を経験すると再婚には抵抗がなくなる。

子供がいない場合と比べると子供がいる場合、再婚がむつかしい。

子供がいないバツイチの場合、再婚はむつかしくない。

また子供がいても手が離れて自立している年齢であれば、同じような境遇の相手なら、パートナー選びはそこまでむつかしくはない。

自分だけで決められない部分もありますので、むつかしい所もありますが、一概に無理とはいえません。

シングルマザーやファザーの婚活

ではシングルマザーやシングルファザーはどうやって婚活していくと良いかと言うと、

『相手を探す際は条件を絞り、申し込みがくれば全て受ける』という事です。

シングルマザーの場合

20代から35歳ぐらいのシングルマザーの場合は、初婚を希望なら45歳~50代以上の男性を探しましょう。

これくらいの年で初婚だと年齢的に今から子供を産んでも育てるという選択をした場合、子供が小学生ぐらいの時にはもう周りの子供から見れば、男性はおじいちゃんですので、自分の子供が恥ずかしい思いをします。

ですので、子供を諦めている男性もしますし、もし子供が欲しい場合でも、まだあなたは若いですし子供を産むことは出来ます。

離婚経験のある男性で良ければもう少し年齢を下げてもいいですが、基本的に年上の男性がいいと思います。

35歳以上のシングルマザーは同年代のバツイチか50代前後の男性を狙いましょう。

これくらいの年齢だと、完全に子供を諦めた年上の男性か、同年代ならバツイチかシングルファーザーを中心に申し込みをするといいと思います。

可能性は低いですが、0ではないと思います。

50代のシングルマザーでもう子供に手が離れている場合は60代~70代の同じような境遇の男性を探してみてください。

これは意外と上手くいく可能性があります。

シングルファーザーの場合

シングルファーザーの場合は上に書いたシングルマザーの場合の逆なんですが、30代ぐらいで初婚の女性をお嫁さんにもらおうとすると、本人同士が良くても女性側の両親がよほど理解がない限りむつかしいです。

いくら行き遅れた娘でも、いきなり他人の子供の母親になるなんて!そんな苦労をかわいい娘にさせたいと思う親は少ないと思います。

40代以上の女性ならもしかすると、もう子供を産むのにリスクが高いですから、孫がどうしても欲しいという親御さんなら許してくれるかも知れませんが、これも可能性が低いでしょう。

ですから、シングルファーザーの場合は

『年齢が近いシングルマザーか未婚の場合は40代以上の女性で、申込みが来たら全て受ける』です。

結婚相談所以外も活用する

まったくオススメはしませんが、シングルマザー専用みたいなサイトもあります。

こういったサイトは安いようですが、サクラもいますし、意外と単なる出会いを求めた男性がほとんどです。

登録には身分証明書が必要ですが、利用が簡単な分、いざとなると逃げだす男性も多いと聞きます。

それとやはり都市部の登録が多いのですが、地方だとイマイチだとも言います。

ただ、上手くいっている人もいますし、悪い評判ばかりではないので、自己責任でお願いしますが、

『結婚相談所は敷居が高い!』とか

『結婚相談所も入っているけどもう少し他も見てみたい!』とか

思っていて、こういったサイトが気になる方は利用するのもひとつの手かも知れません。



最後に

いろいろと書きましたが、シングルマザーやシングルファーザーの再婚がむつかしい事は間違いありません。

ただ、むつかしいからといって行動しないのは最悪だと思います。

むつかしいとわかっていて行動すれば、今まで悩んでいた事も解決できる場合もありますし、上手く行く場合だってあります。

自分の事・子供の事・両親の事を考えて再婚を決めたのなら負けてはいけません。

明るい未来の為にがんばっていきましょう!

本気で頑張る気持ちのあなた

本気で婚活を考えている福岡・北九州・行橋・中津のあなた。

私といっしょに頑張ってみませんか?

詳しくはこちらから

The following two tabs change content below.
もりょさん

もりょさん

結婚相談業を営みながら、今まで1000件以上の飲食店を食べ歩く。 味覚音痴な為、細かい味の違いは分からないが、行ってみないと分からないお店の雰囲気やお店の情報などを紹介しています。 他にも日頃いろいろと感じた事や気になった事についても書いています。 SNSを使った情報発信やお店の紹介などの依頼も積極的に受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
スポンサーリンク
このサイトについて




このサイトについて




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする