【まるしん(行橋市)】黒豚とんこつのパンチがスゴイ!

飲んだ時のシメでは外せないお店

行橋市の飲み屋街で営業している『黒豚とんこつラーメンまるしん』
夜遅くまで営業しているので、飲んだ時のシメのラーメンとしても人気が高いお店です。

場所が行橋市の飲み屋街と言うこともありお店の駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングあり、お店で食べると無料チケットをもらえますので心配ありません。

まるしん

店舗です。

夜はライトアップされているので雰囲気が違いますが、昼間は少し年季が感じられ赤と黒の看板に味があり、お店全体がノスタルジックな感じさえします。

黒豚とんこつラーメンと言えば行橋市では『金田家』が有名ですが、『まるしん』も昔からの有名店ですので気になります。

それでは早速入ってみましょう。

まるしん 店内カウンター席

店内です。

L字のカウンター席とテーブル席があります。

店内は年季は感じられますが、比較的綺麗にされていると思います。
ノスタルジックな感じで居心地は悪くありません。

まるしん 店内テーブル席

テーブル席です。

お昼の時間を避け、比較的遅い時間に行ったのですが、写真を撮る前まで満席でした。




まるしん メニュー

メニューです。

何種類かラーメンのメニューがありますが、基本のラーメンは一種類です。
後はトッピングの違いです。

あとは時間によってはランチセットもあります。

まるしんのこだわり

メニューの裏面には『まるしん』のこだわりもたくさん書いています。

まるしん高菜

高菜は九州のラーメン屋さんでは比較的置いていますが、もちろん『まるしん』でも置いています。

まるしんの明太めし

明太めしです。

明太子とごはんって、おいしい定番ですので間違いなしです。

まるしんの豚めし

こちらは豚めしです。

こちらは豚肉に刻み海苔・白髪ねぎ・コチュジャンという組み合わせで、これにマヨネーズをお好みでかけて食べます。

こんなの不味い訳がありません。
ガッツリ食べました。

まるしんのギョーザ

ギョーザです。

店員さんに言えば良かったのですが、最近、個人的に流行りのギョーザの食べ方は酢コショウで食べる事なのですが、酢が無かったのは残念でした。

ただ、ギョーザは皮もシッカリと焼かれ餡の旨味も感じられました。



黒豚とんこつラーメンの実力は如何に!

まるしんのラー麺

ラーメンです。

『まるしん』ではラー麺と記載されています。
赤い器にチャーシュー・キクラゲ・ネギがトッピングされています。

まるしんのスープ

スープです。

黒豚とんこつと言う事でどうしても『金田家』と比較してしまいますが、どちらも濃ゆくて濃厚トンコツなのですが、こちらの方が少しマイルドな感じがしました。

まるしんの麺

麺です。

かなりのストレート細麺でした。
スープとの相性なんて分かりませんが、このスープにはこの麺が正解だった気がします。

しかも、替玉1玉無料なのがありがたいです。

まるしんのチャーシュー

チャーシューです。

脂がのったチャーシューですが、厚みはありませんでした。

まるしんの器

器です。

最近流行りの器ですが、こだわりにも理由が書かれていましたのでこれからはこういった器が支流になるのかも知れません。

まるしん 営業時間

営業時間の変更です。

最後に

『まるしん』はランチでも夜でも使えるラーメン屋さんだと思いますし、替玉無料や無料駐車券の配布などお客様目線に立ったサービスがとてもありがたいお店だと思いました。

味には好みがありますし、どちらの方が美味しいとかは言いませんが、個人的には黒豚とんこつラーメンでは十分お勧め出来るお店だと思います。

気になった方は是非足を運んでみてください。

店舗詳細

住所   福岡県行橋市中央2-6-27

電話番号 0930-23-0709

営業時間 変更されています。上の写真を見てください!

The following two tabs change content below.
もりょさん

もりょさん

結婚相談業を営みながら、今まで1000件以上の飲食店を食べ歩く。 味覚音痴な為、細かい味の違いは分からないが、行ってみないと分からないお店の雰囲気やお店の情報などを紹介しています。 他にも日頃いろいろと感じた事や気になった事についても書いています。 SNSを使った情報発信やお店の紹介などの依頼も積極的に受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
スポンサーリンク
このサイトについて




このサイトについて




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする