【花・花】行橋市では珍しい支那そばのお店!

【花・花】支那そばが味わえる隠れた名店!

行橋市のえびす通りを抜け、簡易郵便局の近くに支那そば・つけめんの『花・花』があります。

トヨモリ写真館がわかれば問題ありませんが、はっきり言ってわかりづらいです。

もう出来てからだいぶ経ちますし、美味しいと言う噂は聞いていましたが、基本的にとんこつラーメンが好きなので、なかなか足が向きませんでした。

温かみのある店内

『花・花』の店内はちょっとオシャレでカフェっぽさもあり女性にも人気がある理由が分かります。

お店自体そんなに広くないのですが、カウンター席とテーブル席と座敷が小さな空間で上手に収まっています。


入り口入ってすぐに美味しそうな自家製のラッキョウや甘酢や酢みそなどこだわりの商品が置いていました。

花・花のメニュー裏

『花・花』のこだわりはそれだけではありません。

『花・花』は麺・だし・肉・水にまで全てにこだわっています。

こだわりのらんちは五種類

メニューです。

お昼と言うこともあり、らんちになります。

『花・花』のらんちは全部で5種類。今回は「支那そばらんち」と「つけめんらんち」を頂くことにしました。

支那そばです。

他で支那そばを食べた事がないので、支那そばにしては当たり前なのかも知れませんが、中華そばと言うより、和風な中華そばです。
知っているよう味なのに食べた事がない、見た目は優しい感じがするのですが、味はしっかりしています。

つけめんらんちです。

少量のご飯と漬物・小鉢が付いています。
小さな花柄のお皿には柚子胡椒が入っています。

かいわれ大根とクコの実それに彩のいいお花が入っています。
麺は氷水に入っていて、冷たい麺になります。

麺です。

平打ち麺ですがモチもちしていているのですが、冷やされていてよく麺が締まっています。

温かいつけダレになります。

こちらも和風出汁になりますが、南蛮そばみたいに味が濃く、どちらかと言うと「つけ出汁」と呼んだ方がいいのかも知れません。

よく冷えた麺に温かいつけ出汁を付けて食べるのですが、最初は冷たい麺を温かいつけ出汁に付けると温かい麺になるのですが、二回目・三回目とつけ出汁に付けていくにつれ段々とつけ出汁が冷やされていき最後は冷たいつけめんになり、温度と味の変化を楽しめます。

最後に

『花・花』は行ってみて思ったのですが、ラーメン屋というよりもうどん屋さんに近いような気がしました。
少し量が少ないので女性には丁度いいと思いますが、男性にはちょっと物足りないかも知れません。
味は薄くないので、とんこつラーメンはちょっと重いけどうどんって気分でもないときにはお勧めできるお店だと思います。

【花花】店舗詳細

住所   福岡県行橋市大橋3-17-10

電話番号 0930-22-2463

営業時間 11:30~14:30 17:30~21:30

定休日  毎週水曜日

駐車場  有り

The following two tabs change content below.
もりょさん

もりょさん

結婚相談業を営みながら、今まで1000件以上の飲食店を食べ歩く。 味覚音痴な為、細かい味の違いは分からないが、行ってみないと分からないお店の雰囲気やお店の情報などを紹介しています。 他にも日頃いろいろと感じた事や気になった事についても書いています。 SNSを使った情報発信やお店の紹介などの依頼も積極的に受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
スポンサーリンク
このサイトについて




このサイトについて




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする