【博多金龍 行橋店】九州では有名なとんこつラーメンのチェーン店!

元祖どとんこつラーメンと言えば博多金龍

もう20年くらい前にてなると思います。

当時CMで流れていた博多金龍が苅田に出来、興味津々で深夜に初めて食べに行った日の事は今でも覚えています。

当時のラーメンと言えば行橋市民なら三徳ラーメンが支流で、とんこつと言えばちょっとあっさり目のとんこつが支流でした。

そんな行橋市民の度肝を抜いたのが博多からの刺客「博多金龍」でした。

初めて食べた時はあまりの濃いさに衝撃を受け、正直に言うと全然美味しいとは思えませんでした。一緒に行った友達は半分も食べる事が出来ずに、二人でテレビのCMに騙されたと思って帰りました。

それから一時してなんて言うんでしょう、なんだかもう一度食べてみたくなり再度同じ友達と食べに行くことに。するとなぜなんでしょうか、美味しいんです!

一緒に行った友達も美味しいと言いながら完食!

それからは一時ハマりかなりの頻度で通いました。

そんな思い出の苅田店は閉店しましたが、今は行橋市のコスタ行橋の一画に博多金龍行橋店があります。

店内には漫画がたくさん!

博多金龍には漫画がたくさんあり、ラーメンを待つ間に漫画を読んだり、食べながら漫画を読んだり、中には食べ終わっても漫画を読み続けるお客さんもいて、漫画喫茶的な使い方をする事も出来ます。

お水はセルフです。

博多ラーメンと言えば無料の高菜と紅ショウガです。

赤い味噌は「秘伝のたれ」という辛味噌です。

その横の器具はニンニクを絞る道具で生のニンニクを絞る事が出来ます。

今回はからし高菜を取りました。博多金龍のからし高菜はあまり辛くはないのでラーメンの味を邪魔しませんのでからし高菜が好きな方は少し多めに入れても問題ありません。



とんこつだけじゃない!豊富なメニュー

博多金龍はメニューも豊富でとんこつ以外にも尾道ラーメンや担々麺や油そばなどたくさんのメニューがあります。

サイドメニューも唐揚げやデカ餃子など有り、おこさまラーメンは90円とお子様連れにもうれしい値段設定です。

チャーハンやカレー・親子丼までありお客さんを飽きさせません。

お昼時はお得なランチメニューもあります。

早速食べてみましょう!

今回は一番シンプルなラーメンを注文しました。

ネギ・キクラゲ・チャーシューと言うトッピングに今回はメンマと追加しました。

麺は細麺のストレート麺です。注文時に硬さを選べます。

トッピングのメンマです。個人的にはキクラゲとメンマは最強のトッピングだと思っています。

チャーシューです。ちょっと薄めですが値段を考えると妥当な薄さです。

今回は唐揚げも注文しました。

サクサクでジューシーで3個入りです。味もありましたし個人的には好きな味です。

ただ残念な事に今回はデカ餃子を注文するのを忘れてしまいましたのでまた次回にでも紹介したいと思います。

追記

博多金龍-ネギ豚上湯麺

今回はネギ豚上湯麺というラーメンを注文してみました。

ネギ豚と書かれていますが、ネギ塩と豚の細切れ肉入りのラーメンで基本的にはネギ塩ラーメンになります。

博多金龍-ネギ豚上湯麺の麺

麺です。

ネギ豚上湯麺の麺は金龍では普通のストレート麺になります。

博多金龍-ネギ豚上湯麺のスープ

スープはネギ塩のスープでサッパリしていそうですが、ちょっと油っぽいです。

期間限定メニューなのかも知れませんので気になる方はお早めに食してみてください。

博多金龍担々麺

担々麺です。

担々麺らしくチャーシューがそぼろに変わったいます。

博多金龍担々麺麺

麺はやっぱりストレート麺になります。

博多金龍担々麺スープ

スープは辛い訳ではなく、ちゃんと担々麺の味がします。

味としては特徴はないのですが、全体的に良くまとまった安定の担々麺でした。

【博多金龍 行橋店】お店の詳細

〒824-0038福岡県行橋市西泉6-1-1

電話番号 0930-22-1655

営業時間 11:00~24:00

定休日 不定休

駐車場 たくさん



The following two tabs change content below.
もりょさん

もりょさん

結婚相談業を営みながら、今まで1000件以上の飲食店を食べ歩く。 味覚音痴な為、細かい味の違いは分からないが、行ってみないと分からないお店の雰囲気やお店の情報などを紹介しています。 他にも日頃いろいろと感じた事や気になった事についても書いています。 SNSを使った情報発信やお店の紹介などの依頼も積極的に受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
スポンサーリンク
このサイトについて




このサイトについて




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする